CS 350||車・バイク用バッテリー適合表詳細

APC

製品名 製品型番 標準バッテリー 適合バッテリー 備考
CS 350 BK350JP RBC2J RBC2J-S

表が大きくなっています。横にスクロールしてください。

CS 350
■APCの歴史

1981年
・マサチューセッツ州にてAmerican Power Conversion Corporation設立。設立者であるMITの電力技術者3名がソーラー電気に関する研究開発を指揮。
1986年
・APC、多数のPC Magazine「Editor's Choice」受賞歴の初回を初めてのUPS、450AT+で受賞。
・APC、ロードアイランド州ピースデールに製造拠点を設立。
1988年
・APC、株式を6分割し1株あたり$0.125調整後、1株$7.50で株式公開。現時点までこれがAPC唯一の株式売り出し。
1989年
・APCの受賞歴のあるPowerChuteソフトウェアが導入され、電源管理に大変革を起こす。
・大手販売業者Tech DataおよびIngram MicroがAPC製品の取り扱いを開始。
1990年
・UPSにスマートUPSブランドを導入。これらのソリューションは、業界屈指のネットワーク電源保護ソリューションに成長。
・現在の本社所在地、ロードアイランド州ウエストキングストンに移転。
・APCの会長兼CEO、ロジャー・B・ダウデル、Inc. MagazineのNew England 'Entrepreneur of the Year'を受賞。
1991年
・APC、サージ保護ソリューションの包括的製品ラインの最初を飾るSurgeArrest?製品でサージ保護市場に参入。
1993年
・APC、業界初のモジュラー式UPS、Matrix-UPS?で2kVA以上のUPS市場に参入。
1994年
・拡大する欧州市場に対応するため、アイルランドのゴールウェイに初の国外製造設備を開設。
1995年
・APCの年間収益5億ドルを突破。
・新世代のスマートUPS、会社として初のBack-UPS Pro?モデルなど、155の新製品を導入。
1996年
・APC、フィリピンにアジア初の製造設備を開設。
1997年
・APC、株式総額約1億2600万ドルで、ミズーリ州セントルイスを拠点とする有数の電源管理会社Systems Enhancement Corp.を会社として初めて買収。
・APC、革新的なSymmetra? Power ArrayTMで、5kVAを超えるUPS市場に参入。製品は冗長性、拡張性、整備性を提供するユニークなソリューションで業界初のPower Array。
1998年
・APC、3相UPSシステムのメーカーであるSilcon A/Sを買収し、データセンターおよび設備アプリケーションに参入。
・APC、UPSに重点的に取り組む会社として,初めて収益10億ドルを突破。
1999年
・APC、PowerShieldを導入し、家庭でのケーブルおよび固定ワイヤレスアプリケーションで拡大するブロードバンドのニーズに対応。
2000年
・APC、次のような新たな漸進的市場への参入のため、3つの戦略的買収を完了。通信機器向けの直流電源市場、家庭およびビジネスITアプリケーション向けケーブルおよび接続市場、データセンターおよび通信機器向けの精密冷却市場
2001年
・APC、買収によるARRISからのネットワーキング電源製品で、ブロードバンド電源を拡大。
2002年
・APC、初の「Network Critical Physical Infrastructure(NCPI :ネットワークに必須の物理インフラ)」PowerStruXureTMを使用して、データセンターの電源に大変革を起こす。
・APC、ナスダック100指数銘柄(ナスダックに上場する時価総額上位100銘柄(金融銘柄を除く))に。
2003年
・APC、TravelPower?ケースを導入して、高い評価を獲得。ケースに充電器を統合した初の設計。
・APC、独自のアーキテクチャPowerStruXureを拡張して、電源、冷却、ラック、管理、サービスをオープンで適合性のある、統合型ソリューションに拡張したInfraStruXureTMを導入。InfraStruXureはすぐに高い評価を受け、世界中で20の賞を受賞。
・APC、7月22日で1988年7月22日の初公募(IPO)から15周年に。
2004年
・APC、2004年中に製品やビジネスの卓越性で、国内外から100を超える賞を獲得。
・APC、成長を続けるInfraStruXureファミリーに冷却システムとオンサイト発電機を追加。
2005年
・2005年、APCはネットワーク管理者とデータセンター管理者に共通する大きな懸案事項、特にIT資産の物理的セキュリティに対応する初期段階の技術を持つNetbotzを買収してNCPI製品全般を拡大。Netbotz製品と技術的専門知識で管理とセキュリティのカテゴリでNCPI製品を拡張、強化。
2006年
・APC、2006年3月11日で1981年の設立から25周年に。
2007年
・2007年2月14日シュナイダーエレクトリックがAPCを買収し、APCブランドとMGEブランドのUPSシステムを含むCritical Power & Cooling Services(CPCS)事業部門を構成。

おすすめバッテリー

  • 車・バイクバッテリー交換なら格安通販のバッテリーストアが選ばれる理由
  • こだわり
  • 誕生物語
  • 売れるバイクの充電器
  • FAX発注
  • お客様の声
  • スマホメール不通
  • スタッフブログ
topへ

人気のコンテンツ

1

バッテリーの交換方法

意外と簡単!
バッテリーの交換方法

初めての方も自分で交換にチャレンジしてみましょう。

2

バッテリーの正しい充電方法

バッテリーの
正しい充電方法

充電器でバッテリーの性能を最大限に引き出そう。

3

よくあるトラブル事例

バッテリーの
よくあるトラブル事例

エンジンがかからないときは、まずここをチェック。

4

純正VSスーパーナット

徹底検証!
純正VSスーパーナット

純正バッテリーとガチンコ性能比較!

5

廃バッテリーの処分方法品質

廃バッテリーの
処分方法

使い終わったバッテリーは当店へお送りください。

ショッピングガイド

お支払方法

  • ・ クレジットカード決済
  • ・ コンビニ払い
  • ・ 代金引換
  • ・ ゆうちょ振込
  • ・ 銀行振込
  • ・ GMO後払い

> もっと詳しく

送料

九州

780 円

四国・本州

780 円

北海道

1,500 円

沖縄

2,500 円

※ 一部離島を除く

> もっと詳しく

発送について

時計

営業日の13時までのご注文で即日発送いたします。※一部商品除く。

> もっと詳しく

即日発送について

即日発送

このマークがある商品は、一部条件を除き、即日発送いたします。

> もっと詳しく

2019年1月の定休日

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

■ 定休日