バイク編

バッテリーの交換方法

▼どちらか選択してください。

バイク編     自動車編

バイクバッテリーの交換方法

用意するもの

  • ◎ プラスドライバー 又は マイナスドライバー

用意しておくと便利なもの

  • ○ 雑巾
  • ○ 軍手
  • ○ 紙ヤスリ 又は 金属ブラシ (端子を磨く場合)

※車両によっては他にも必須工具がある場合がございます。
バッテリーの液入れがまだの場合は、先に済ませておいてください。

キーを抜く

1.エンジンキーを抜く

ショート事故防止のため、必ずエンジンキーを抜いて作業を行ってください。

走行直後の場合は、30分ほど放置してバッテリー内のガスが抜けるのを待ってください。

シートを外す

2.シートを外す

車種によって、バッテリーの搭載位置は異なります。

ボトルを押し込む

3.ステイを外す

バッテリーの固定金具(ステイ)は、ゴム製のものや、金属製のものがあります。また、車種によってはステイが無い場合もございます。

マイナス端子を外す

4.マイナス端子を外す

必ずマイナスから外してください。

プラスを外す

5.プラス端子を外す

注意

マイナス→プラスの順番は厳守してください!

バッテリーを取り出す

6.古いバッテリーを取り出す

粉をふいていたり、古いバッテリー液が残っていた場合はきれいに拭き取ってください。特に端子部分のサビや汚れは、接触不良の原因になります。こびりついた汚れは、紙ヤスリ等で磨くときれいに落とせます。

新品を載せる

7.新品バッテリーを載せる

端子の向きに注意してください。

液入れタイプのバッテリーの場合、必ず1時間ほど経ってから使用してください。

プラスからつける

8.プラス端子から繋ぐ

根元まで押し込んでから、しっかりとナットで締めてください。

※緩すぎると放電の原因になります。

マイナスをつける

9.マイナス端子を繋ぐ

注意

外すときと逆の順番です!必ず厳守してください。

ステイを戻す

10.ステイを元に戻す

金属製のステイの場合は、締め付けすぎてバッテリーを破損しないよう注意してください。左右に揺すっても動かない程度に固定されていれば十分です。

完了

11.交換完了

古いバッテリーは市町村で定められた適切な方法で処理してください。

当店では、廃バッテリーの無料引取も行っております。ぜひご活用ください。

トップページに戻る