船舶・漁船用バッテリーの格安通販

車・バイクバッテリー交換なら格安通販【バイク充電器】|バッテリーストア
船舶・漁船

船のバッテリーは、大きく分けて2種類あります

メインバッテリー(スターターバッテリー)と、電装品専用の補助バッテリー(ディープサイクルバッテリー)は、性質が大きく異なります。

船舶・漁船用バッテリー

よくあるご質問

Q.1 船舶・漁船用バッテリーの寿命ってどれくらいですか ?

使用方法や環境によって大きく変動しますが、通常約2年~5年程度の寿命となります。ただ、年数が経った(弱った)バッテリーを装着し続けると、車両内部の電装関連部品の劣化原因となりますので、お早めのバッテリー交換をオススメいたします(理想は2年毎)。

Q.2 メンテナンスフリー(MF)バッテリーは,一切メンテナンスが必要ないのですか ?

メンテナンスフリー(MF)といっても寿命を迎えるまで日常のメンテナンスが不要という意味ではありません。メンテナンスフリー(MF)とは、カルシウム合金等を使用することで、バッテリーの液べりが少なくなるよう設計されたものを意味します。

Q.3 船舶・漁船用バッテリーのプラス端子に粉がたくさん付着していますが、バッテリーの寿命ですか ?

 これはサルフェーション(硫酸鉛の結晶化)という現象で、バッテリーが駄目になる一番の原因と言われています。粉がついている場合はぬるま湯で洗い流すか、ヤスリ等で磨いて締め直してください。バッテリー液が端子に付着したり、端子の固定が緩い場合に生じる事が多いようです。季節ごとにバッテリーの点検を行うようにしましょう。

Q.4 価格が非常に安い社外品バッテリー(REX)がありますが、性能は大丈夫ですか ?

性能は純正バッテリーと比べても遜色なくご使用頂いております。耐用年数は、実績で約2~5年程度です。非常に実績のあるブランドですので、ご安心くださいませ。なお、中間業者を通さずコンテナ単位の直接仕入れも、低価格で提供できる理由の1つです。

Q.5 市場と比べて価格が非常に安いですが、長期在庫品・再生バッテリーなどではないのですか ?

当商品は全て新品で、長期在庫品・再生バッテリーではございません。なお、在庫期間が一定期間を過ぎた商品は、アウトレット品ページにて格安で販売しております。

Q.6 船舶・漁船用バッテリーが、購入後3ヶ月以内で上がってしまいました。何故ですか ?

トラブル解決Q&Aをご参照くださいませ。(お役に立てれば幸いです) バッテリーが2個付けの車両の場合は、バッテリーを取り外し、それぞれ電圧及び性能値を測ってみてください。2個とも電圧及び性能値が下がっている場合は、車両側に原因がある可能性が高いです。2個中の1個だけが極端に電圧及び性能値が低い場合は、バッテリーの劣化・不良が考えられます。

Q.7 船舶・漁船用バッテリー(液補充型)の液が減っているのですが、液補充すれば電圧は戻りますか ?

液補充には電解液(希硫酸)ではなく、蒸留水(精製水)を使用してください。電圧が戻るかどうかは、バッテリー内部の劣化具合に依存します。 バッテリーを長持ちさせる方法などもございますので、こちらをご参照くださいませ(長持ちさせる方法)。

Q.8 船舶用の充電発電機にサブバッテリー(24V)をつけたいのですが、接続の仕方がわかりません。 モーターからは2本の線が出ています、あと電圧機の線(5本線)はどこにつなげば良いのでしょうか ?

モーターから出ている2本の線はバッテリーへ繋ぎます。24Vタイプ(12Vバッテリー2個を直列で繋いであるタイプ)の場合はバッテリー同士を繋いでいるターミナルを避けて、両端のプラスとマイナス端子に繋げてください。5本線はAVR(自動電圧調整器)へつなぎます。

Q.9 漁船ですが、適合するバッテリーがわかりません ?

船側の電圧と、現在装着されているバッテリーの型番をおしらせくださいませ。当店でお調べいたします。

Q.10 船舶・漁船用のサブバッテリーとは通常のバッテリーとは違うのですか ?

船舶・漁船用のバッテリーは大きく分けて、メインバッテリー(始動用)とサブバッテリー(サイクル用、電装品専用)の2種類ございます。始動用バッテリーとサイクル用バッテリーでは性質が大きく異なります。

Q.11船舶・漁船用バッテリーの充電方法を教えてください ?

基本的には自動車などと同じ手順になります。こちらをご参考くださいませ(充電方法)なお、電圧が24Vタイプと12Vタイプがあるので充電の際はご注意ください。24Vタイプ(12Vバッテリー2個を直列で繋いであるタイプ)の場合はバッテリー同士を繋いでいるターミナルを避けて、両端のプラスとマイナス端子に充電器を繋げて24Vで充電を行ってください。

Q.12 小さな漁船に12V専用の魚探を船に取り付けてます。電源を船のバッテリーから取ってるのですが、12Vで安定せず14V位まで上がります。そのためか、魚探がうまく動作しません。 ?

通常、14Vでも許容範囲のはずです。安定させたい場合は、14V→100Vへのコンバータを使用し、100V→12Vへ安定させる方法もありますが、若干手間がかかります。

Q.13 イカ釣り船で、船の航行に使う重油より(港から漁場への行きかえりに使う重油)、漁をしている時に使う明かり(電気)の発電用に使用する重油の量の方が多いようです。何か節約できる方法はありませんか ?

現在のイカ釣り漁船の主たる方式は航行用主エンジンフライホイールからVベルトで動力を取り出し交流発電機を回しています。発電用エンジンを搭載している船は少数です。ランプ安定器のロスも勘案すると、70~200Kw程度の電力が必要になります。仮に100Kwの発電機をフルに運転するならば130馬力以上が必要で、重油のエンジンを一晩運転すれば、燃料消費量は200?前後になると思われます。

電源をバッテリーにしたらどうなるか?
メタルハライドランプ100Kwを5時間点灯したとすれば、バッテリー有効容量は500Kw以上必要になります。現在市販されている高性能サイクルバッテリーでも500Kw分組めば、重量は20tを越えますし、価格は600万円以上、船の改造費や港の充電装置設置費も勘案すれば一隻あたりの費用は1000万円を軽く越えてしまいます。また、リチウムバッテリーは軽量ですが大変高価です。2000万円を越えるでしょう。多くのイカ釣り漁船が15t程度以下の中、これに20t以上のバッテリーを搭載するのは全く不可能です。

明かりとしてLEDを使えば良いのでは?
香川大学工学部の岡本研究室では、数年前から高光量青色LEDを光源とした集魚灯を研究開発しており、最近実用化の目途が立ったようです。試作した青色LEDパネルを現役のイカ釣り漁船に搭載して操業する実証実験も行われ、とても良い成績が出ています。所要電力量で1/30~1/50程度、総合経費で年間数百万円の節減が可能、従来の光源を持つ現役船を改造しても経済効果が有るとの事です。また、重量の大きな発電機が不要な分、船舶重量も低減されて航行性能がアップし航行費の節減、エンジン排気ガスの大幅減などの効果も絶大ですね。今後の普及に期待が持てますね。

  • 格安と純正 性能比較の結果
  • 車・バイクバッテリー交換なら格安通販のバッテリーストアが選ばれる理由
  • こだわり
  • 誕生物語
  • 売れるバイクの充電器
  • FAX発注
  • お客様の声
  • スマホメール不通
  • スタッフブログ
topへ

人気のコンテンツ

1

バッテリーの交換方法

意外と簡単!
バッテリーの交換方法

初めての方も自分で交換にチャレンジしてみましょう。

2

バッテリーの正しい充電方法

バッテリーの
正しい充電方法

充電器でバッテリーの性能を最大限に引き出そう。

3

よくあるトラブル事例

バッテリーの
よくあるトラブル事例

エンジンがかからないときは、まずここをチェック。

4

純正VSスーパーナット

徹底検証!
純正VSスーパーナット

純正バッテリーとガチンコ性能比較!

5

廃バッテリーの処分方法品質

廃バッテリーの
処分方法

使い終わったバッテリーは当店へお送りください。

ショッピングガイド

お支払方法

  • ・ クレジットカード決済
  • ・ コンビニ払い
  • ・ 代金引換
  • ・ ゆうちょ振込
  • ・ 銀行振込
  • ・ GMO後払い

> もっと詳しく

送料

九州

580 円

四国・本州

680 円

北海道

980 円

沖縄

1,200 円

※ 一部離島を除く
※ 2万円以上で送料無料

> もっと詳しく

発送について

時計

営業日の13時までのご注文で即日発送いたします。※一部商品除く。

> もっと詳しく

即日発送について

即日発送

このマークがある商品は、一部条件を除き、即日発送いたします。

> もっと詳しく

2017年10月の定休日

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

■ 定休日