魚探・電動リール用バッテリーの格安通販

車・バイクバッテリー交換なら格安通販【バイク充電器】|バッテリーストア
魚探・電動リール

よくあるご質問

Q.1 小さな漁船に12V専用の魚探を船に取り付けてます。電源を船のバッテリーから取ってるのですが、12Vで安定せず14V位まで上がります。そのためか、魚探がうまく動作しません。

通常、14Vでも許容範囲のはずです。安定させたい場合は、14V→100Vへのコンバータを使用し、100V→12Vへ安定させる方法もありますが、若干手間がかかります。

Q.2 イカ釣り船で、船の航行に使う重油より(港から漁場への行きかえりに使う重油)、漁をしている時に使う明かり(電気)の発電用に使用する重油の量の方が多いようです。何か節約できる方法はありませんか ?

現在のイカ釣り漁船の主たる方式は航行用主エンジンフライホイールからVベルトで動力を取り出し交流発電機を回しています。発電用エンジンを搭載している船は少数です。ランプ安定器のロスも勘案すると、70~200Kw程度の電力が必要になります。仮に100Kwの発電機をフルに運転するならば130馬力以上が必要で、重油のエンジンを一晩運転すれば、燃料消費量は200?前後になると思われます。

電源をバッテリーにしたらどうなるか?
メタルハライドランプ100Kwを5時間点灯したとすれば、バッテリー有効容量は500Kw以上必要になります。現在市販されている高性能サイクルバッテリーでも500Kw分組めば、重量は20tを越えますし、価格は600万円以上、船の改造費や港の充電装置設置費も勘案すれば一隻あたりの費用は1000万円を軽く越えてしまいます。また、リチウムバッテリーは軽量ですが大変高価です。2000万円を越えるでしょう。多くのイカ釣り漁船が15t程度以下の中、これに20t以上のバッテリーを搭載するのは全く不可能です。

明かりとしてLEDを使えば良いのでは?
香川大学工学部の岡本研究室では、数年前から高光量青色LEDを光源とした集魚灯を研究開発しており、最近実用化の目途が立ったようです。試作した青色LEDパネルを現役のイカ釣り漁船に搭載して操業する実証実験も行われ、とても良い成績が出ています。所要電力量で1/30~1/50程度、総合経費で年間数百万円の節減が可能、従来の光源を持つ現役船を改造しても経済効果が有るとの事です。また、重量の大きな発電機が不要な分、船舶重量も低減されて航行性能がアップし航行費の節減、エンジン排気ガスの大幅減などの効果も絶大ですね。今後の普及に期待が持てますね。

Q.3 電動リールの電源を船からとっても大丈夫ですか ?

遊覧船、プレジャーボートなどの船から電源を取ることは可能です。 しかし、船から取る電源は、電圧が一定しないことが多いため、電動リールのモーターの寿命を縮めたり、本来のパワーが発揮できなかったり、最悪の場合電動リールが壊れたり、コードが焼けたりしますのであまりお勧めできません

Q.4 電動リールのバッテリー電源を、自動車用バッテリーから取れますか ?

基本的には、電圧が12Vであれば、軽自動車用やバイク用のバッテリーでも使用可能です。 しかし、自動車のバッテリーはエンジン始動用なので、安定したパワー(電流)が長続きしません。 万一、使用する際の注意点としては、自動車用バッテリーは固定して使うことを前提としているため、液もれ対策が不十分であり船でバッテリーを転倒させたりして、内部の液が漏れると、船のボディや防寒着など損傷や腐食の原因となります。なお、取っ手がないタイプのものになると、タダでさえ釣り道具や竿など持ち運ぶものが多い船釣りで、大きな重い荷物になることが考えられます。

Q.5 電動リール用バッテリーの容量の差って、どれくらい性能差があるのですか ?

バッテリーのAH(アンペア)はバッテリー容量の単位となり、例えば14AHであれば、0.7アンペアの電流を20時間放電できる能力を意味します。(0.7A×20H=14AH) よって、14AHより15AHの方が若干容量は上ですが、電動リールの性能にはあまり影響はないようです。 例を挙げると、DAIWAの6.6AHのコンパクトリチウムバッテリーに関して、カタログ値で1000番以下の電動リールの場合、巻き上げ120回となっておりますので14AHでも15AHでも、おおよそ230~250回程度の巻き上げが可能な容量という事ことになります。 1日の釣行で200回以上巻き上げる事はあまり無いようです。 万一、影響する状況を考えると、連釣りで充電もできず、200回以上の巻上げをした時ですが、この時に容量が若干大きい方が、最後のひとふんばりができるということになります。
  • 格安と純正 性能比較の結果
  • 車・バイクバッテリー交換なら格安通販のバッテリーストアが選ばれる理由
  • こだわり
  • 誕生物語
  • 売れるバイクの充電器
  • FAX発注
  • お客様の声
  • スマホメール不通
  • スタッフブログ
topへ

人気のコンテンツ

1

バッテリーの交換方法

意外と簡単!
バッテリーの交換方法

初めての方も自分で交換にチャレンジしてみましょう。

2

バッテリーの正しい充電方法

バッテリーの
正しい充電方法

充電器でバッテリーの性能を最大限に引き出そう。

3

よくあるトラブル事例

バッテリーの
よくあるトラブル事例

エンジンがかからないときは、まずここをチェック。

4

純正VSスーパーナット

徹底検証!
純正VSスーパーナット

純正バッテリーとガチンコ性能比較!

5

廃バッテリーの処分方法品質

廃バッテリーの
処分方法

使い終わったバッテリーは当店へお送りください。

ショッピングガイド

お支払方法

  • ・ クレジットカード決済
  • ・ コンビニ払い
  • ・ 代金引換
  • ・ ゆうちょ振込
  • ・ 銀行振込
  • ・ GMO後払い

> もっと詳しく

送料

九州

580 円

四国・本州

680 円

北海道

980 円

沖縄

1,200 円

※ 一部離島を除く
※ 2万円以上で送料無料

> もっと詳しく

発送について

時計

営業日の13時までのご注文で即日発送いたします。※一部商品除く。

> もっと詳しく

即日発送について

即日発送

このマークがある商品は、一部条件を除き、即日発送いたします。

> もっと詳しく

2017年10月の定休日

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

■ 定休日