【保存版】 バイクのバッテリーが 上がったときの対処法

車・バイクバッテリー交換なら格安通販【バイク充電器】|バッテリーストア

【保存版】 バイクのバッテリーが 上がったときの対処法

【保存版】
バイクのバッテリーが上がったときの対処法
「バイクのバッテリーが上がってしまった……」
「バッテリーが上がった時の対処の仕方がわからない……」
「一度上がってしまったバイクのバッテリーはもう充電できないの?」

突然のバイクのバッテリー上がり。対処の方法を知らないと、焦ってしまいますよね。
今回は、バイクのバッテリーが上がってしまった時の対処法を詳しく解説してまいります。

そもそも、なぜバイクのバッテリーは上がってしまうのか?
実は、バイクのバッテリー上がりは、バイクで起こるトラブルの中でもダントツで一位なのです。つまり、最も遭遇しやすいトラブルであるといえます。

「バッテリーが上がる」という現象は、バイクのバッテリー内に蓄えられている電気量が、一定の量以下になってしまうことで発生します。バッテリー上がりにつながる代表的な事例としては、以下のようなものが挙げられます。

・バイクのパーキングライトを消し忘れてしまった。
・メットインスペースのライトを点けっぱなしにしてしまった。
・長時間乗っていなかったため、バッテリーが自然放電した。
・充電装置が故障しているため、バッテリーの充電量が不足していた。
・配線が劣化しているため、バッテリーの電気がリークしてしまった。
・バッテリー端子が緩んでいるため、接触不良を起こしていた。
・バッテリーが寿命に達した。
・事故などでバッテリー内部が故障した。

また、バッテリーが上がる前には、セルスターターの勢いが落ちる、ホーン音量が低下する、などといったバッテリー電圧の不足が原因と考えられる兆候がみられるケースがあります。 こうした兆候がみられたら、早めにバッテリーのケアを行うのがバッテリー上がりを未然に防ぐコツです。

もしも何も備えをしていない状態でバッテリーが上がってしまった場合、完全に立ち往生してしまいますから、JAFに依頼をする以外に方法がありません。しかしながら、JAFに依頼をした場合、会員でないと数万円ほどの費用が発生することもあります。できれば、自力で回復させられるならば対処したいところですよね。それでは、実際にどのような対処法があるのかを、詳しくみていきましょう。

対処法その1:
キックスタートやジャンプスターターなどを試す
バイクのバッテリーが上がってしまった場合、最初に試してみるのが、キックスタートや押し掛けです。キックスタートはクランクシャフトを足で回してエンジンを始動する方法で、押し掛けはライダーがバイクを押した勢いでエンジンを始動する方法です。しかし、最近のバイクは電子制御化が進んでいるため、車種によってはこれらの方法が取れないものもあるかと思います。

その場合に試すのが、ジャンプスターターです。必要なものは、ジャンプケーブルとジャンプスターターや他の自動車などの電源で、これらを用いてバッテリーに電気を供給します。ジャンプスターターについては、エンジン始動に必要な12Vの電源を確保すれば良いので、理論的には乾電池8本程度の電源があれば事足りることになります。

最近では、小型のジャンプスターターが開発されており、スマートフォンやパソコン充電もできるようなタイプがありますので、ジャンプスターター兼充電器として常備しておくと便利でしょう。値段としては、7,000円〜13,000円程度で購入が可能となっています。

対処法その2:
バッテリーを取り外して販売店などで充電する
対処法その1で紹介したジャンプスターターなどが手元にない場合は、最寄りのバイクショップなどの販売店でバッテリーを充電する方法もあります。この場合だと、バイクを半日〜1日預けて1,000円〜2,000円程度の手数料で対応してもらえます。

自前のジャンプスターターを持っておくと安心ではあるものの、先ほどもお伝えしたとおり7,000円〜13,000円と、決して安くはありません。最寄りに販売店がある場合は、バイクのバッテリー上がりの兆候を見逃さないようにして、兆候がみられた場合はメンテナンスを行うようにすれば、安価に対応することも可能です。

対処法その3:
それでもバッテリーが掛からない場合は新品交換
対処法その1、その2を試してもバッテリーがかからなかったり、数日でセルの勢いが落ちてきたり、1週間程度でまたバッテリーが上がるようなことがあれば、充電系統に何らかの異常があるか、バッテリーの新品交換が必要であるという合図です。

バッテリーは使い始めた瞬間から劣化が始まるため、一般的には3年程度で交換の時期となると言われています。なお、バッテリーを取り外す時は、マイナス端子からプラス端子の順に取り外し、取り付けは、プラス端子からマイナス端子の順に行います。ぜひとも覚えておいてください。

バイクバッテリーの商品詳細はこちら
バッテリーの新品交換をお考えの方は、バッテリーストア.comへ!
「どのバッテリーに変えればよいかわからない……」など、バッテリー新品交換でお悩みなら、バッテリーストア.comにご相談ください。国内最大級の品種を取り揃えており、専門スタッフがしっかりとご説明し、お客様のバイクに合う最新のバッテリーをご提案いたします。また、保証期間が過ぎても無料点検可能!ぜひとも、安心してご利用ください。
当店おすすめバッテリー
関連コンテンツ
人気コンテンツ
迷ったかたはこちら
  • 車・バイクバッテリー交換なら格安通販のバッテリーストアが選ばれる理由
  • こだわり
  • 誕生物語
  • 売れるバイクの充電器
  • FAX発注
  • お客様の声
  • スマホメール不通
  • スタッフブログ
topへ

人気のコンテンツ

1

バッテリーの交換方法

意外と簡単!
バッテリーの交換方法

初めての方も自分で交換にチャレンジしてみましょう。

2

バッテリーの正しい充電方法

バッテリーの
正しい充電方法

充電器でバッテリーの性能を最大限に引き出そう。

3

よくあるトラブル事例

バッテリーの
よくあるトラブル事例

エンジンがかからないときは、まずここをチェック。

4

純正VSスーパーナット

徹底検証!
純正VSスーパーナット

純正バッテリーとガチンコ性能比較!

5

廃バッテリーの処分方法品質

廃バッテリーの
処分方法

使い終わったバッテリーは当店へお送りください。

ショッピングガイド

お支払方法

  • ・ クレジットカード決済
  • ・ コンビニ払い
  • ・ 代金引換
  • ・ ゆうちょ振込
  • ・ 銀行振込
  • ・ GMO後払い

> もっと詳しく

送料

九州

580 円

四国・本州

680 円

北海道

980 円

沖縄

1,200 円

※ 一部離島を除く
※ 2万円以上で送料無料

> もっと詳しく

発送について

時計

営業日の13時までのご注文で即日発送いたします。※一部商品除く。

> もっと詳しく

即日発送について

即日発送

このマークがある商品は、一部条件を除き、即日発送いたします。

> もっと詳しく

2017年12月の定休日

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

■ 定休日